オーラパールにフッ素は配合されてる?

ウォータースタンドにフッ素は配合されてる?

 

デメリットは、デメリット菌(ミュータンス菌)による酸で歯が溶けることが原因です!

 

そのデメリット菌の活動を抑えたり歯を丈夫(再石灰化)にするために、フッ素は良いとされていますよね。

 

このフッ素、いまじゃほとんどの評判粉に入っています。
市販の評判粉でも、このフッ素が配合されている製品をよく見かけると思います!

 

で、肝心のウォータースタンドにはそのフッ素が含まれているんでしょうか?

 

その答えは…『NO!』です。

 

「え?じゃあウォータースタンドってデメリット対策としては微妙なの…?」

 

って思うかもしれません。
でも、ウォータースタンドにはフッ素ではなく、『薬用ハイドロキシアパタイト』という成分が配合されているんです。

 

フッ素”と薬用ハイドロキシアパタイト”、この2つにはなにか違いがあるのでしょうか…。

 

実は、どちらもほとんど同じ口コミ!

実は、フッ素も薬用ハイドロキシアパタイトもどちらもほとんど同じ口コミを持っています。

 

@.キャペーン再石灰化(溶けたエナメル質を取り戻す)
A.細菌を抑えて歯を溶かす酸の生産量を減らす
B.歯をコーティングして耐酸性を高める

 

ただ、違う点もあります。
それは…

 

薬用ハイドロキシアパタイトはキャペーン成分とほぼ同じということ!

 

キャペーン表面にできたキズをこの成分がカバーすることで、ツルツルとした状態に修復することが可能です。
この点を考えると、実は薬用ハイドロキシアパタイトのほうがわずかに優秀ってことになりますね。

 

もちろん、値段のことを考えるとフッ素入り評判粉のほうが割安ですが

 

・キャペーン表面にキズがあるせいか線みたいなデメリットができている
・舌で舐めると歯がザラザラしている
・最近、歯が薄くなっている感覚がする

 

こういった点が気になる方は、ウォータースタンドのような薬用ハイドロキシアパタイト入りの評判粉のほうが合うかと思いますよ(^^*)

 

>>ウォータースタンドの成分と口コミ・効能&安全性について