オーラパールの効果的な使い方!3つのポイント!

オーラパールの効果的な使い方!3つのポイント!

 

これはオーラパールというよりはホワイトニング歯磨き粉全般で言えることなんですが、効果的に使うためには歯磨きの仕方やタイミングはけっこう重要です!

 

それはそのまま歯の黄ばみ&歯を本来の白さに近づけるために欠かせないことでもあります。
基本的なことも書いていますが、「え!そうだったの!?」と思う部分もあるかと思います。

 

歯を白くするだけじゃなく、歯の健康にも気を使うのでしたらぜひ実践してみてほしいです。

 

食後すぐに歯を磨く

これは意外に感じる方は多いかもしれません。
たぶん、多くの方に知れ渡っているかもしれませんが

 

「食後は30分空けてから磨かないといけない」

 

ってテレビで放送されていたことがありましたよね。

 

これ…半分正解ですが、半分間違いなんです!
そもそも、この30分後歯磨き”の根拠となった実験はかなり特殊で、多くの方が当てはまらない内容なんです。

 

この食後30分空けるのが当てはまるのは、酸蝕歯(歯が溶けて薄くなっている方)”の方です。

 

歯がもともと溶けている酸蝕歯は歯が柔らかくなってます
食後すぐに歯磨きをすると歯ブラシの刺激でさらにエナメル質を削ってしまい悪化するので、30分後に磨くのが理想とされています。

 

それ以外の方は食後すぐが理想

そもそも、食後は虫歯菌が繁殖して酸が出て歯を溶かす(脱灰)させている状態になります。
つまり、食後30分放置するってことは、30分間歯を溶かしているのをじっと待っているのと同じです!

 

日本人は唾液量が少ないので、30分待とうが歯の修復(再石灰化)が十分にされず、歯の溶ける速度のほうが上!
なので、あなたが酸蝕歯でない限りは食後すぐに歯を磨くことをオススメします。

 

食後に長く放置することで歯は余計に着色しやすくなりますし、もちろん虫歯リスクも高まるので注意してください。

 

正しい歯磨きを心がける

これは、ホワイトニングの成分を歯のすみずみまで届けて歯の黄ばみを十分に落とすために大事なことです。

 

@.強く磨かない

ブラシが軽くしなるようにやさしく磨いてください。

 

A.歯を1本1本小刻みに磨く

ガシガシ大振りで磨かず、歯の1本1本を磨くように小刻みに磨きましょう。

 

B.柔らかい歯ブラシを使う

歯への負担を考えると柔らかめの歯ブラシがオススメです。

 

C.スクラビング法とバス法を意識する

スクラビング法とバス法で磨くのが健康な歯&歯茎を維持するのに大切です。

 

【スクラビング法とバス法】

 

D.ゆすぎは1〜2回で十分

せっかくオーラパールで歯を磨いても、ゆすぎを何回もしてしまうと有効な成分をすべて流してしまいます
1回軽くゆすいで、気になるようならもう一度ゆすぐ程度に抑えたほうが良いです。

 

これは、オーラパールの薬用ハイドロキシアパタイトもそうですが、フッ素入り歯磨き粉なども当てはまります!

 

1日最低でも2回は磨く

単純に、歯の黄ばみ除去&歯を白くする回数は多いほうが効率いいです。
できる限り1日2回の歯磨きを意識すると、より白い歯に近づきやすくなるかと思います!

 

わたし自身、毎日歯磨きは2回していますが、そのおかげで歯を数段階明るくできたと感じてます。
個人的には、朝食とか夕食の後に2回磨くのが良いかと思います。

 

いろいろ書きましたが、いきなりすべてやっていくのは難しいと思います。

 

まずは上の内容を1つだけやってみて、できる内容を少しずつ増やしてみて、効果を実感できるようでしたら
ほかの効果的な方法をどんどん取り入れてみてください♪

 

きっとあなたの歯を白くして健康にしてくれる役に立つと信じてます!